タイヤ

サイズと素材が重要になる

ホイールを選ぶときはサイズと素材、デザインが重要となります。素材はスチール、アルミ、マグネシウムの三種類が主なもので、デザインはスポーク、フィン、メッシュ、ディッシュの四種類に大別されます。それぞれ特徴があるのでそれらをふまえて選ぶ必要があります。

ホイール

新しいものに交換する

自動車のホイールはサイズさえ合っていれば簡単に交換することができます。しかし、ホイールは単体で使用できるものではなくタイヤを取り付けなければなりませんから、お店で購入した方が費用を安く済ませることができます。

車輪

アルミとスチールの相場

ホイールはアルミ製が主流ですが、軽自動車やコンパクトカーなどではスチール製が用いられることが多いです。14インチの場合、4本で2万円程度で購入することもできますが、構造や強度、コスパなど総合的に考えて選ぶのが賢明です。

ホイール

素材と製造方法

ホイールの主流はアルミ製とスチール製です。そしてアルミホイールは製造方法が鋳造と鍛造、またこの2つを組み合わせた方法と、作り方は様々です。さらに構造も1ピース、2ピース、3ピースと種類が3つあります。

ホイール

使用上の注意点

スチールホイールはサビの発生を防ぐこと、発生後は早急に除去することに気をつけます。そしてアルミホイールは変形やクラックが発生したら直ちに交換すること、傷ついた場合も歪みが生じている可能性があるので、検査することが大切です。

プロの助言は役に立ちます

ホイール

選択肢が多くても大丈夫

自動車の軽量化やドレスアップなど人が新しいホイールを求める理由は様々ですが、各メーカーはそれに応えるように数多くの商品を販売しています。もちろんそれぞれの車種に合うように選択肢は用意されていますが、その数はとても多く初めてだと迷うことも多々あります。さらに幅やインチなどの変更を考えるなら強度や乗り心地、また法令などへの対応があるので、知識がないとなかなか難しいでしょう。このような時には無理をせずに、専門的な情報と長年の経験があるプロのホイールやタイヤを取り扱っている業者の助けを借りましょう。特に初めてホイール交換を検討する際にはその見た目やデザインについて、客観的な助言をしてくれるので大いに参考になります。そしてホイールには幅広い価格帯があるので、こちらの予算に合わせて最適な候補をきちんと提案してくれるでしょう。さらにどのホイールにはどのようなタイヤが一番合うのかも当然考えなければなりませんが、この素人には難しい判断にもしっかりと応えてくれます。もしこれからホイールの交換について検討するのなら、まずは一度インターネットを使って各種情報を収集してみて下さい。そうすることによって軽量化によって燃費向上を考える人も走行性能のアップや見た目にこだわる人も、ある程度のイメージができあがるはずです。それからいくつか気になる業者がいたらホームページの情報をよく読み、疑問点などがあれば問い合わせを行ってみるとよいでしょう。

Copyright© 2018 自動車のホイールを選ぶなら【専門的な情報と経験があるプロに依頼】 All Rights Reserved.