素材と製造方法

ホイール

それぞれの特徴

ホイールはアルミが主流ですが、スチールを用いている自動車も少なくありません。スチールホイールは、価格を抑えたい軽自動車や大衆車に使われることが多いです。高いデザイン性のスチールホイールを作ることは難しいので、ホイールキャップを被せて販売されている自動車が一般的です。一方、アルミホイールは鋳造と鍛造という製造方法があり、この2つを組み合わせた製造方法もあります。鋳造はアルミ合金を溶かして鋳型に注ぎ成形する作り方で、様々なデザインのホイールができる上に、大量生産が可能です。片や鍛造は、アルミを高圧プレスして形作ります。軽量でありながら強度が高いのが特徴です。また、2つを組み合わせた製造方法によるホイールは、コストパフォーマンスが高いといわれます。ホイールは素材や製造方法による違いだけでなく、構造によっても価格が変わってきます。構造の種類は、1ピース、2ピース、3ピースの3種類です。1ピース構造はリムとディスクが一体となっているもので、高い精度と剛性を持ちます。単純な製造過程を経るのでコストパフォーマンスが高いです。それから、2ピース構造はリムとディスクそれぞれを繋いで一つにした構造です。部品の単体加工が可能なためにインセット設定がミリ単位でできて、デザインの自由度にも優れています。そして3ピース構造は、アウターリムとインナーリム、ディスクの3つの部品を組み合わせた構造です。最もデザインの自由度が高く、欧州では最高級品とされています。

Copyright© 2018 自動車のホイールを選ぶなら【専門的な情報と経験があるプロに依頼】 All Rights Reserved.