サイズと素材が重要になる

タイヤ

それぞれの特徴を把握しよう

ホイールは車を走らす上で欠かせないパーツです。タイヤと車本体をつなぐ働きがあります。ホイールは機能性だけでなく、デザイン性にも関係するパーツです。車を側面から見たときの印象を大きく左右するものなので、カスタマイズすることでがらりと印象を変えることがてきます。交換するだけで印象が変わるので、カスタマイズの入門編としてもおすすめです。ホイールを選ぶときはまずサイズを調べることから始まります。インチアップといってサイズを大きくするという選択肢もありますが、いずれにせよ正しいサイズがわからなければ意味がありません。サイズはホイール自体に書かれているので、そちらを参照しましょう。サイズがわかったら、次に考えるべきは素材とデザインです。素材は主に機能性に関係してきます。最も安価で多く出回っているのがスチールです。安価なのはメリットですが、スチール、すなわち鉄でできているので、重く燃費性能はあまりよくありません。アルミはコストパフォーマンスに優れているのが特徴です。スチールより軽いため燃費性能がよく、加工しやすいためデザイン性にも優れています。マグネシウムは高価ですが、最も軽く剛性も高いという特徴があります。燃費性能にとにかくこだわりたい人にはおすすめといえるでしょう。デザインはスポークタイプ、フィンタイプ、メッシュタイプ、ディッシュタイプの四種類に大別されます。前者は強度に注意が必要で、後者は重量に注意が必要です。ですが最終的には好みとなるので、好みで決めても問題ありません。

Copyright© 2018 自動車のホイールを選ぶなら【専門的な情報と経験があるプロに依頼】 All Rights Reserved.